騒動史を書いている理由。

おおよそ終わった。


で、なんでこれを書いているかというと、いわゆる嫌儲についてのエントリーを書くための前置きだったりするのです。
その前置きがあまりにも長いので困っている、っていうのが今ですね。