Opera教の位階。

Operaを無自覚に使っている人が信者。
Operaについて情報を集めだすのが修道士。
Operaネタに食いつき始めると助祭。
Operaネタを披露すると司祭。
Operaネタで話し合えると司教。
その中でも高度な話が出来る人は大司教。
司教の中で選ばれたものが教皇。