読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari5.1の目立たないところ。

Safari5.1はSnow Leopardでも使えるので、Lionがまだなあなたもインストールしましょう!
インストール後再起動を要求するので、何かのついでにやろうとしている人は気をつけてね。

詳細

LIONっていうアイコンが付いているものはSnow leopard/Windowsでは使えないよ!

ページ説明が無いもの

セキュリティのCookie・データベースの項が分離してプライバシーになった

f:id:amatanoyo:20110720225634p:image
f:id:amatanoyo:20110720225744p:image
Cookieとデータベースの確認画面は統一。有効期限とかいった情報はここから見られなくなった。
位置情報のオプションが増えた。

セッションが使えるようになった

今までSafariだけ使えなかったんじゃないかな。ちなみに、これはSnow Leopardの画面で該当項目は「Safariの起動時」。
f:id:amatanoyo:20110720225956p:image

開発メニューに2つ

「Do Not Track HTTP ヘッダを送信」ってのが、まずひとつ。トラッキング拒否を通知する設定。IE9とFirefox4は既に導入、Google ChromeはKeep My Opt-Outsというextensionで対応済み。Operaはないんじゃなかったかな。


もう一つが「WebGLを有効にする」。
f:id:amatanoyo:20110720230919p:image