読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dropbox経由でMac版とWindows版の1Passwordの同期がうまくいかない場合

最近姿を消しつつある数多です。こんにちは。

新生Operaの同期機能が完全体になった一方で、Vivaldi browserが登場するといった、昔なら飛びついてネタにしていたのに全く言及することがなくなった昨今。今回の記事は全然関係ないところから始まります。

Windows版1Passwordにパスワードが表示されない?!

Windowsを使う機会が多いので、1Passwordも使おうと思ったのですが、Dropbox経由の同期をしてもパスワードが表示されない。 データ(agilekeychain)は間違いなく同期されているのに、1Passwordで中身を開いたら、一覧は表示できて肝心のパスワードをはじめとした中身が無いなんて現象に出くわしました。 非常に困ります。

でもMac版はちゃんと使えるんですよ。

対応策

どうやら、データ(agilekeychain)の構造がおかしいようで。

Mac版しかなかったころから使い続けていたからか、それともバージョンが変わった際にデータの構造も変わったのか。

Windows版でちゃんと1Passwordを使えるようにするには、

  1. すべての端末で同期機能を無効化にする。
  2. Dropbox上のデータを「完全に」消す。
  3. 2の後、Mac以外の端末上のデータを消す。
  4. Mac版から同期し始める。
  5. 必要であれば、階層を変更する。

こういった具合に、Dropbox経由の同期を一からやり直すといいようです。 Presto時代のOperaの、profile再作成みたいな感覚ですよ。(懐かしい例え。)